karatachi log

karatachi log

馬鹿者な若者が世の中を語るイタいブログ

宇都宮LRTに反対する人たち――宇都宮LRTが成功する理由

路面電車の多くが淘汰された現代、全くのゼロから路面電車が建設される都市があることをご存じだろうか。栃木県は宇都宮である。
ウェブページも立派に整備され、着工目前といった段階である。しかしこの段階になるまでに多くの反対派との衝突があったし、いまだに反対している人もいるらしい。「税金の無駄」といわれた宇都宮LRTが必要であり、成功する理由を述べたい。(ちなみに路面電車LRTと考えていただいていい)
 

〇宇都宮LRTが必要であり、成功する理由

1.公共交通の充実は高齢化社会への対応策になる

税金の無駄だと叫ぶ人はこれからの少子高齢化・人口減少の社会を憂いて、「利用者いねーよ」と言っているのだと思う。が、そんなことは市もわかっている
このページではこれからの少子高齢化、人口減少を含んだ宇都宮の町とそれと共生するLRTをイメージしている。「LRT作れば便利で人口爆増だね♪」なんて能天気なことは書いてない。
 高齢社会にとって公共交通は必需品だ。最近は高齢者が車を運転し、誤操作や危険運転をした結果歩行者や他の運転者を死傷させるという事故が増加している。「免許さっさと返納しろ」という声も聞こえるし、実際高齢者には免許を返納してもらいたいものだが、果たして今の日本の地方地域においてそのようなことが可能かどうかといわれれば不可能と言わざる言わざるを得ないだろう
 高齢者が移動できない社会が高齢化したらどうなるか消費は滞り、町は活気を失うだろうし、家に引きこもりがちになったお年寄りはボケてしまうのではないか。また、公共交通が充実しているということは越してくる土地としても重要だ。いま都会に住んでいて車を持っていない人が引退後に越してくる土地に公共交通が整っていないというのは論外だ。移住地としての価値を上げ、人口減少に歯止めをかける、うまくいけば人口を増やすことができる政策なのだ。
 

2.トランジットセンターの仕組みが渋滞都市を救う

 この宇都宮LRTで重要なポイントは「トランジットセンター」である。トランジットセンターとはつまり「何かからLRTに乗り換える場所」である。この「何か」とはつまり車や自転車ということだ。つまりLRTの駅までの手段は各自で選べるということで、これが肝になるはずだ。もし、トランジットセンターがなければほとんどLRTは使われないかもしれない。
 LRTの大きな目的として、駅近辺の渋滞緩和がある。駅前までの手段を確保することで、要するに「駅前が分散する」訳である。駅前という非常に限られたスペースをLRTによって拡張するという意味があるのだ。トランジットセンターはすなわち「出張宇都宮駅」だ。今まで宇都宮駅まで来ていた大量の車、自転車を分散する。これが渋滞都市・宇都宮を救う。
 

3.バスは公共交通としては最弱レベルだ

LRT反対派の意見の一つとして「バスで充分」がある。様々な数字を挙げて反論するのもいいが、もっと実際的な問題として考えてみたいと思う。
バスに乗るときと電車に乗るときを想像してみてほしい。考え付く差異として…
 
第一に、バスが劣る点としてあげられるのは「狭い」ということだろう。車内には段差があり、もしその上(車体後部)に上ろうものなら込み合う車内で移動することも困難であるし、降りるのもに一苦労だ。扉も乗り口、降り口一つずつしかないので時間がかかる。これは乗るたびにイライラするポイントだ。
 
第二に、「乗り心地」もひどい。バスは自動車であるのだから非常に高加速度だし、高減速度であるから立って乗るのは大変だ。気を抜くとこけそうになるし、体の不自由な人にとっては危険ともなり得るだろう。LRTは併用軌道を通るとはいえ、車の流れに合わせる必要はないので加減速度は低い(そもそもゴムタイヤとアスファルトに加減速度で勝てるわけがない)から結果的に乗り心地の向上にもなっている。(無理やりな理論にも聞こえるかもしれないが、実際こういう利点は使ってみてから何となく感じるものではないだろうか)
 
他にもLRTが優れている点はあるが、それは公式Webをご覧いただきたい。(というか公式Webに書いてある理由の方がメインなのでそちらは必ず見ていただきたい)
公式ページでは他に、今までLRTの計画区間を走っていた車両を、LRTの駅から横へ向かう枝葉の路線用の車両に転用できる、といった点が挙げられている。
 

4.税金はつかうためにある

 これはLRTの話とは離れてしまうわけだが、「税金の無駄!」と叫ぶのもいいが、もっと無駄なものはほかにある!、と言いたい。なんで税金を集めるかといえば、使うためだ。何のために集めるのかといえば地域をよくするためだ。地域の公共交通の利便性を向上させることは前述の通り移住者を増やす策ともなる。人口減少を可能な限り食い止め、税収減少を可能な限り食い止めることは有意義な税金の使い方だと思う。目先の金額の大きさに反応して「無駄だ!」というのは思慮が足りないのではないかと思う。
 
以上が宇都宮が整備されるべき理由、成功する理由となるわけだが、補足として付け足しておくべき点を述べたいと思う。
 
まず、宇都宮LRTの終着駅は清原工業団地である。つまり工場で働く方を運ぶという役割を担うわけだ。慢性的な渋滞で「遠い」場所となっている清原工業団地LRTによって「近く」なれば工業団地の価値向上にも役立つうえに、定量の輸送を固定的に確保できる。故に、宇都宮LRTの需要は博打的要素少なく予想できるわけだ。
 
問題点を挙げるとすれば東武宇都宮駅とJR宇都宮駅を結ぶ区間が今だに着工予定ではないという点だろう。やはり東武線利用者もJR線利用者も宇都宮市街まで直通できることが必要だと思うのでこの区間の早期着工が必要ではないかと思う。(この区間については「調査中」ということになっている)

f:id:karatachilog:20180317180047p:plain

宇都宮LRTの開通区間と停留所

 以上様々述べてきたが、宇都宮LRTは宇都宮の交通問題を解消する有効な手立てとなることは間違いない。LRTがどの都市にとっても有効な手立てとなるとは限らないが、ほかにも採用すべき都市があるはずで、東京もそのひとつなのではないだろうか。

 東京も都バスや私鉄バスが縦横無尽に走り回る都市でありながら、その利便性に関しては疑問が残る。特に臨海部と都心との往来には不便を感じることが多いし、超巨大駅の周りの町では南口から東口など、町のエリアを跨ぐだけでも長い距離を歩かなくてはならない。そのような場所にLRTがあったら…といつも思うものだ。これからの社会、どのような交通が未来に役立つのか、慎重に考える必要があろう。