karatachi log

karatachi log

馬鹿者な若者が世の中を語るイタいブログ

常識的思考もできず、朝日新聞を叩きたいだけのネトウヨ

 「反日」という言葉は昔から韓国だとか中国向けに使われていたが最近は日本国内の団体に向かって使うのが流行りなのだろうか。「ネトウヨ」と呼ばれる人々が跋扈するネット社会にどっぷり漬かっていると「朝日新聞反日だ」をはじめとした日本国内の組織、個人が反日的な思想をしているという噂にもならないバカ話がとんでくるものだ。最近あまりに増えすぎて常識なのかと錯覚してしまう人も多いのではないだろうか。
 
そんなわけあるか
 
百歩譲って朝日新聞社の中に「反日」のような思考をする人間がいるとしよう。だとしても反日的人間が組織の大多数を占めるはずもなければ、反日的人間がほかの一般的な社員を洗脳することができるわけがない。社員の募集要項に「反日の人」とても書いていない限り組織に反日思想が蔓延し、出てくる記事が反日的になるはずがない。少し考えればわかるよね?
 
 そもそもネトウヨが「反日」と呼ぶ思想は「反日」じゃない。ただの「左翼」として分類される側の思想である。第一、日本に住み、日本で働く人間が日本が傾くことを願うような思想に傾倒する訳がない。ネトウヨの正義に反するものを勝手に「反日」と認定し、勝手に呼称することは許しがたいことだ。誰であれ日本の政治に口を出す人間は日本を良くしたいと思っているはずだ(口を出すことで金をもらっている政治家は私利私欲に走る人もいるが)。なのに自分の考えと違うからと言ってそれを「反日」呼ばわりする人間は「愛国」を叫ぶ資格などない。本当に物事をよくしたいと考える人は自分の価値観に固着せず、他人の意見を聞き、その中で総合的に最適解を見つけるのだ。
 方法の違いによって「右翼」「左翼」と名前が付けられたのであって、日本・世界をよくするという目標は変わらないはずだ。同じ目標を持った者同士で無意味なたたき合いをして何の意味があろう。相手をたたくのではなく、相手の作戦を叩け。さもないと状況がいい方向には向くことはないだろう。
 
テレビ朝日反日だと盲目的に信じ込んてしまった人間の痛々しい妄想